メニュー1

お肌に負担をかけないことが大切です。

メイク落としの使い方にはコツがあります。

いくら綺麗に落としたいからといって、クレンジングをお肌にこすりつけるようではダメです。

特によく見かけるのは、コットンタイプのクレンジングを使用してでの間違いです。

手軽に早く、しっかり、確実に汚れを落としたい気持ちはよく分かるのですが、これではお肌が傷つきます。

若いうちならまだしも、こんなメイクの落とし方を続けると、お肌は段々しぼんでしまい、老化が進んでしまうのです。

とにかく優し~く、優し~く。メイク落としは、お肌に負担をかけないことが最重要ポイント。

何と言うのでしょうか、自分のお肌を「愛する家族や恋人やペット」だと思えばいいのです。

自分の最高の愛情を注ぎながら、そろっとお肌を撫でる様にクレンジングとメイクを混ぜ合わせましょう。

商品によっては混ぜる必要もなく、メイクの上に塗るだけの物もあります。

30代以上の乾燥肌や敏感肌の方には、そのタイプのクレンジング剤が案外いいかもしれませんね。