メニュー1

お肌を労る正しいメイク落としについて

メイクを施した際に必ず後で行わなければいけないのが、メイク落としです。

メイクを施したまま放置してしまうと、メイクは徐々に肌の表面から肌の毛穴内へと浸透し、毛穴つまりの

原因となってしまいます。

また、毛穴は皮膚呼吸にとって不可欠な存在でもある為、メイクをきちんと落としてあげないと、毛穴の呼吸自体を

妨げてしまう要因にもなってしまうのです。

ですから、メイクを施した後は、必ずしっかりとしたメイク落としを行う必要があります。

もっとも、メイク落としと一括りにしても、単純に洗顔だけを行えば良い訳ではありません。

例えば、安易な知識に基づいて間違ったメイク落としを行ってしまうと、肌のシワやたるみ、くすみや吹き出物の

原因になってしまう場合があります。

正しいメイク落としの方法を実践する事で、これら肌の諸症状の発生を予防し、肌を常に健全で健康な状態に保つことができる のです。正しい洗顔方法は?洗顔でその後のスキンケア効果が変わる?にも記載されています

では、正しいメイク落としとは、一体どういったものがあるのでしょうか。

まず、メイク落としの大前提と言えるのが、洗い方です。

メイク落としを1度でもされたことのある方の中には、恐らく、スポンジやパフなど、道具を使って顔を洗顔し、

メイクを落としているという方がいらっしゃると思います。

ですが、これは決して良い方法ではありません。

実は、メイクを綺麗に落とすにはあ、皆さんの両手だけで十分なのです。手の平全体でクレンジング剤を優しく延ばし、

肌の表面に付着しているメイクを浮かし揉み出すようなイメージでマッサージします。

こうすることによって、毛穴に詰まったメイク汚れさえも同時に落とす事が出来ます。

間違った方法でよくされがちな、ゴシゴシと肌を強く擦りながら洗ってはいけません。肌の表面を傷付けてしまい、その傷が

元でしわや吹き出物ができてしまいますから。

 

次に、クレンジング剤の選び方です。

一般的には、オイルタイプとクリームタイプの物が市販品として販売されています。

メイク自体をよく落とすという観点では、オイルタイプの物が効果的です。

ただ、元々の皮脂の分泌が多い、いわゆる脂性と呼ばれる肌をお持ちの方にとっては、オイルタイプではなく

クリームタイプを使用する事をお奨めします。

肌自体から分泌される皮脂が多い事で、乾燥肌の方と比べ、メイク自体が落ちやすい特性があるからです。

そのような特性があるにもかかわらず、より洗浄力の高いオイルタイプを使用すると、肌にとって必要な皮脂も同時に落としてしまう

可能性がありますので注意が必要です。

反面、乾燥肌の方の場合は、メイク自体が肌に吸着しやすい為、洗浄力の高いオイルタイプのメイク落としがお奨めです。

 

最後に、実際にメイク落としを行う際の重要な2つのポイントがあります。

1つは、メイク落としを行う際に使う水の温度です。よく、冷たい水を利用されている方や、逆に50°程度の比較的熱い

お湯を使う方がいらっしゃいますが、これはどちらも避けるべき温度と言われています。

参考:メイク落としは「お湯」or「冷水」?老けないメイクの落とし方

メイク落としにとって最適な温度は、人肌よりも少し温かい40°程度と言われています。

メイク落としは「お湯」or「冷水」?老けないメイクの落とし方

この温度のぬるま湯を使う事によって、肌の表面にある毛穴を大きく開かせることが出来る為、毛穴に詰まった汚れを

落としやすくする事が出来ます。冷たい水を使ってしまうと、肌が引き締められ毛穴も閉じてしまうため、毛穴内部の汚れが落ちにくくなってしまいます。

反対に、高温のお湯を使ってしまうと、今度は、肌にとって最低限必要な皮脂さえも落としてしまうため、シワや乾燥肌の原因となってしまい為、

注意が必要です。

もう1つのポイントが、メイク落としを行う時間を決して過小にしないことです。

メイク業界などの常識として、メイクにかけた時間と同じだけの時間をメイク落としに使うべきだ、という文言があります。

例えば、メイクに1時間かけたのなら、今度はメイク落としにも1時間かけるべき、という意味です。

面倒くさがらず、しっかりと丁寧に行う事が、正しいメイク落としの大前提なのです。